カンタン?難しい?クリエイティブ系自営業の始め方!

クリエイティブな経験を生かせる仕事

クリエイティブ系の職種である、デザイナー、イラストレーター、作曲家、脚本家などの人たちは、就職してからある程度経験を積んだのち、独立して事務所を持つことが多いです。自分の経験や才能を生かせる反面、経費の計算や計画などが面倒になってしまうこともありますね。また、国民保険や介護保険など、社会保障費の計算もせねばなりません。クリエイティブ系の自営業は、どのような点を気をつけて経営していけば良いのでしょうか。

クリエイティブ系の原価計算とは

クリエイターは、原価計算がとても難しいです。取材や制作に使う材料の値段はわかりやすいものですが、アイデアにかける時間、打ち合わせにかける時間は、どうしても左右するもので、はっきり決めることは出来ません。そんな時頭のスミに置いておいたほうがいいことは、時間経費の概念です。時間経費とは、打ち合わせと制作それぞれに要した時間を算出することです。自分が会社で働いていた時、何にどれだけの時間をかけていたかのだいたいの平均時間を割り出し、そこへ自分が貰ったお金で割って計算してみましょう。そうすることで、だいたいの相場が分かるはずです。

計画を立てましょう!

自分が何を目標にして独立したかを、よく考えるようにしましょう。収入アップなのか、自由な作業時間と環境なのか、人それぞれの目的があると思います。その目的に対して、短期目標と長期目標を立てることがおすすめです。ただ、世の中にトラブルはつきものなので、計画通りにならなくても、悪いことではありません。夢に向かって、一歩一歩前進していこうという気持ちが大切です。お金にルーズになってしまいがちな人は、経理担当を雇ったり、税理士に相談するようにすることがおすすめです。

フランチャイズは既に完成されているサービスや商品を扱うことによって、顧客のニーズをとらえやすいというメリットがあります。

Comments are closed. Posted by: admin on