電気製品が故障するとたいへん!修理には時間がかかる

便利だからこそ故障するとたいへん

電化製品は便利ですよね。あるのが当たり前になっている中で故障されると、結構ショックです。代表例はパソコンでしょうか。ひと昔前はビデオデッキという例も多かったですよ。それ以降はDVDレコーダーという流れですね。あんまり身近で欠かせない存在となっているため、修理に出して戻ってくるまでの時間が非常につらくなります。なんとか自分で直せないかと考えてしまいますね。その道に詳しくて、自分でなおせるという人がうらやましくてたまらなくなります。

電化製品をなおせるユーザーたち

修理期間が長くて困る、となったとき、文系理系を問わず、自分でなおせないかと試みる人たちがいます。ブラウン管テレビなど危険なものの内部にはもちろん手はつけません。が、ビデオデッキやDVDレコーダーのようなマイルドな感じの製品の場合、インターネットで検索すると、ユーザーたちの自己修理の方法が画像付きで見つかることがあります。その方法を見よう見まねでやってみて、なおったこともありました。教えてくれたユーザーを尊敬しましたね。

故障が少ない日本の電化製品

電化製品は故障しなくて当たり前、故障したら異常事態、という感覚で日常を送りがちですが、ひと昔前まで、それは日本に限ったことみたいでしたよ。成人してから米国に移り住んだ日本女性が、日本の良いところは電化製品が故障しないことだと言っていましたから。良い点として挙げたのはそれ一つだけでした。それを考えると外国の人たちは、なんて不便な日々を送っているのでしょう。その点わたしたちは幸運なわけですが、そう思ってはいても、電化製品が故障するとかなりのストレスで、戸惑ってしまいますよね。

プリント基板とは様々な電子機器に使われている大切な主流部品です。これを設計するのがプリント基板設計です。プリント基板は電子回路の組み立てに必要で、絶縁体の板に集積回路等を固定したりします。

Comments are closed. Posted by: admin on